ジョイビジョン奈良・OptMatsumotoでは、国産トップメーカー(福井県鯖江市)及びヨーロッパ(ドイツ・フランス・スウェーデン)のトップメーカーのフレームのみ取りそろえています/アパレル等で有名なライセンスブランドなどは眼鏡としては粗悪なものが多いため取扱いしておりません。

PROPO(プロポデザイン)

1999年の創業より続くPROPO DESIGN(プロポデザイン)社のメインブランド。
「いきすぎないデザイン」をコンセプトに、アイウェアデザインとは装着されてはじめて完成するものと定義し、シルエットを重視した美しいアイウェアをリリースし続けている。近年、コンセプトから派生した新たなテーマ「MAKE YOUR BEAUTY メガネで美しくなろう」を掲げ、女性ブランドとして生まれ変わるべく、2015AWコレクションより、ブランド名を「PROPO DESIGN」から「propo」へと変更。

公式HP http://www.propodesign.com/

OPORP(オポープ)

2009年に発表されたPROPO DESIGN(プロポデザイン)のハイエンドライン。
コンセプト、テーマは共通ながら、チタンフレームを中心に展開し、快適な掛け心地を実現する独自に開発したテンプル機構がブランドアイコン。「propo」はファッションを基準にコーディネイトという概念からデザインされる事に対し、「OPORP」は機能面からのアプローチによるデザインを行う事から「propo」を真逆にした「OPORP」というブランド名となっている。

公式HP http://www.propodesign.com/

ルノア

1991年にスタートしたルノアのデザイナーであるゲルノット リンドナ-氏はアンティークスペクタクルの収集家として世界的に名高く、日本を含む各国の眼鏡の博物館がその設立の際に私蔵コレクションからかなりの数のアンティークを買い付けたことは有名な話。そのリンドナー氏が現代においても最も美しいアイウェアのデザインを目指せば、そこに浮かぶイメージは中世から作られてきたデザインの最も美しいエッセンスが泉のごとく湧き出てきてルノアの美しいモデルが誕生していったのだと想像できる。かつて世界最大の眼鏡と光学品メーカーであったAO(アメリカン・オプティカル)に教育担当、エンジニアとして勤めた氏の経験と知識は製造面にもふんだんに活かされている。クラシカルな優美さ、普遍的なデザイン、堅牢で高品質なデザインは欧米でも非常に高い評価を受け、爆発的な人気を博している。

JAPONISM(ジャポニスム)

「 日本的モダン 」

1984年、BOSTON CLUB創立時からメガネフレームのデザイン企画会社として、アパレルメーカーや眼鏡商社のOEMを数多く手掛けて参りました。その経験を礎に、鯖江にある世界水準の生産技術を取り入れた日本産メガネとして、1996年IOFTにてハウスブランド“ジャポニスム JAPONISM”を発表しました。シンプルでありながら、存在感のあるフレームに、デザインだけでは終わらない機能性と実用性を加え、さらに遊び心をもエッセンスに取り入れた「機能が自然な形状に内包されたフレーム」が“ジャポニスム JAPONISM” です。
※JAPONISM:19世紀末、日本美術が西洋美術、欧米ファッションなどに影響を与えたムーブメント“ジャポニスム”に由来します。

コンセプト「Y」

コンセプト「Y」は強度近視の友人Yさんの為に作ったのが始まりです。

人は言うまでもなく、工業製品ではありません。
殆どの人は、左右非対称に育ちます。
年齢や性別の境界線も曖昧で、皮膚はプルンとしていてデリケートな生き物です。
ですから、顔に掛けるメガネは工業製品的な強度や精度を求める事は殆ど意味を成しません。
むしろ、それらをいかに崩して人に合わせ、寄り添えるかが重要と考えます。

SOLID BLUE(ソリッドブルー)

 

NOT TOO MUCH”を基本にハンドメイド、マシンメイドによるシンプルかつ存在感ある モノ作りを目指す。掛ける人のパーソナリティーを崩すことの無いトータルイメージの中で デザインされたクールで独自のスタイルを持ったMEN'S GLASSESである。

HUSKY NOISE(ハスキーノイズ

"curve" 細く、薄く、軽く。 華奢ながら柔らかく温かみのあるライン(曲線)を特徴とした コレクション。 細いフォルムだからこそ成し得る繊細さとカラーリングが女性らしい 優しい表情を際立たせます。

STEADY(ステディー)

流行にとらわれない自分らしい スタイルの提案。 シンプルかつバランスを重視したMADE IN JAPAN ブランド デザイナーの金子昌嗣氏がデザインする、肩の力を抜いて日常愛用できる眼鏡。 クラシカルな側面を感じさせながらも、男性、女性問わず着けこなせ、 まさにその人の 暮らしに溶け込む中性的なデザインが魅力。

Z-parts(ジーパーツ)

デザインforデザインではなく、デザインforユーザーという考え方を重視して微妙なディテールに細心の注意を払い、あくまでもフォルムを大切に飽きのこないスタイルを追求する。

lafont(ラフォン)

ポップなデザインで艶やかなカラーを数多く ラインナップしています。 色彩の多様さ、ソフトなシェイプ、流行に左右されることのない スタイルと美意識、 パリのエスプリをまさに感じさせてくれます。 ラフォンは女性達の ためにデザインされたアイウェア。

BCPC(ベセペセ)

98年よりスタートしたメガネをライフスタイルの一部として楽しむというコンセプトのレディースブランド。ほどよいトレンドを取り入れながらも個性を持ったデザインと、国産ならではの繊細な掛け心地の、デザインと機能性を兼ね備えたメガネをお選び頂けます。

ic! berlin(アイシーベルリン)

1997年にドイツのベルリンで設立されたic! berlinは、医療工業用の0.5mmのシートメタルを使用したメガネを世界で初めて発明したブランド。ステンレスの丈夫さと柔軟さ、約10gというフレームの軽さと独創的な蝶番で一躍注目を浴び、翌年の1998年のSILMOでシルモドール金賞を受賞。その後も数々の世界的な賞を受賞し続けている。最近ではシートメタルのみならず、アセテート素材を使用したメガネでの受賞も目立っており、その評価は極めて高い。トレードマークでもあるスクリューレスヒンジは、素材を問わず全製品に共通しており、その独自の蝶番によって、まるで知恵の輪のように工具を一切使わずに全てのパーツを手で分解・組み立てることができる。ic! berlinのメガネは、その斬新なデザインと100% handmade in berlinというこだわりの品質、無駄のない機能的なデザイン、最高の掛け心地で世界中のセレブリティをはじめ、アイウェアファンを虜にし続けている。

RIDOL(リドル)

自分らしさを大切にしながら、ある時はハードに、ある時にはクールに、時代に溶け込 みながらも常に先を見据えている、パイオニア的存在の人々に提案して行きたい。 軽量でフレキシブル。ナチュラルな装着感のオールチタンフレーム。

素材・表面処理・装着感・耐久性・デザイン・・・メガネフレームに重要な要素をオプティカルフレームの金属材料メーカーと製造メーカー出身の2人がプロデュース。

福井県と言う日本最大のメガネ(眼鏡、めがね)産地をバックボーンにして世界に発信する純国産チタンフレームメーカーです。

ROBERT MARC (ロバート・マーク)

ロバート・マークはNYに所在する、現在世界中で最も有名と言える眼鏡専門店です。欧米ではその名を知らぬ人はいないと言っていいほどで、経営者であるロバート・マーク氏本人の名前をとって店名としています。現在NYの最先端をいくマディソンアベニューに5店、コロンバンスアベニューに1店、SOHOに1店、ボストンに1店、ブリーカーストリートに1店を構えています。
ロバート・マーク氏は現在最も人気の高いNYのデザイナーズブランドの眼鏡デザイン・コンサルティングなども多々引き受けていたため、世界中の眼鏡業界関係者から何時自分自身のコレクションを発表するかが常に注目を集めていました。1999年秋についに発表されたコレクション全体に通じていることは、非常にシンプルだがNY及び全米中のエグゼキュティブ達に相応しい品性を持った美しいデザインであること。テンプル付け根のシンプルなマークがコレクションのアイデンティティーを主張しています。
1981年、ロバート・マーク氏はNYマンハッタンに第一号店をオープンさせました。当時他に類を見ないブティック形式のファッショナブルな店舗をオープンさせて以来、常にロバート・マークの店は脚光を浴びる存在で有り続けました。ロバート・マークは非常に絞り込んだ商品提案を行ってきましたが、映画界、ファッション業界など各界の著名人を顧客として増やし続けたこともあり、この店で扱われるコレクションは常に全米中の眼鏡店の注目を集め、米国のアイウェアファッションをリードし続けたお店です。以来着実に店舗を成長させ、ディスプレイ、商品構成、スタッフなど全ての点において確固たる地位を築いてきました。ロバート・マークによってハイ・エンド・ブティック(高品質と高感度を併せ持つブティック形式の店舗)という新しい言葉と業態が生まれたのです。

CUTLER AND GROSS(カトラーアンドグロス)

カトラーアンドグロス(CUTLER AND GROSS)はイギリスのアイウェアブランド。

カトラーアンドグロスはアイウェアブランドの先駆け的なブランドであり、メガネを医学的な保持アイテムから、多くの人々が欲しがるファッションアイテムに変えた。コレクションは全てハンドメイド。音楽や芸術、ファッションなど多くのことからデザインの着想を得ている。

ブランド設立から30年以上経った今もなお、ファッショナブルなアイウェアブランドとしての人気を保っている。

ジョイビジョン奈良 opt Matsumoto

Completion, Marshall B. Ketchum University-TOC Executive Certificate Program(米国ケッチャム大学・TOC上級プログラム修了)

奈良県 橿原市 常盤町 495-1

(中和幹線道路沿いGUさん隣)

【駐車場】4台

各種クレジットカード・PayPay決済可能

【予約制】
 
当店は完全予約制となっております。
奈良県内はもちろん、県外や海外からも多数お客様がご予約にてご来店されますので、メガネ作成のご来店の際はご予約をお願いします。
 
※当店のお客様から御紹介の方はその旨お申し出くださると幸いです。
★ 水曜日定休(夏季・冬季休暇有り)
★ 営業時間/9:30~19:00

Tel:0744-35-4776

御予約(下記クリックでメーラーが立ち上がります)

nsa41432@nifty.com

※2営業日以内に当店からの返信が無い場合、メール受信ができていない可能性がございます。

その際にはお電話にて御連絡いただければ幸いです。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

@2016 by JOY VISION NARA Opt Matsumoto

メガネ| 奈良県 | ジョイビジョン奈良/OPT MATSUMOTO/橿原市メガネ