世界最高峰レンズ・ローデンストック認定プロショップ(奈良県メガネ店唯一)

バリラックス認定プロショップ

 

本当の技術で本物の遠近両用を掛けてみませんか?

取扱いレンズメーカー

ドイツ140年の歴史を誇る世界最高峰メーカーRodenStock(ローデンストック)

世界各国の4億人以上が優れた見え心地を認めたVarilux(バリラックス)

国内最高レベルの累進レンズNikon/AI限定店舗ライン(ニコン)

現代社会において、パソコン・スマートフォン・タブレット端末などは日常不可欠となっています。

 

その一方で、加齢に伴って減弱していく調節力を補い、生活の質を上げるべき存在の「遠近両用メガネ」は、いくつかの理由によって上手く使用できていない方が多いのが実情です。

 

手元の見えにくさを補う「遠近両用レンズ」の装用は、適応時期にも関わらず「慣れにくい」「使いづらい」「手元用と普段用の掛け替えで済ましている」などの理由で、欧米諸国の普及率と比較すると日本は遠近両用の普及率が低くなっています。

 

慣れにくい理由の多くは、適齢初期に作成する遠近両用メガネが「適切な検査と調整」によって作成されていない事が多く、本来の性能を引き出されないままにドロップアウトされていることが多くなっています。

 

また、普及率が低い要因のひとつとして、遠近両用の適齢初期にも関わらず、低技術なメガネ店や眼科施設で、無意味に遠用と近用(老眼鏡)の複数所持を進められていることが多く、ニーズに応じた自由度の高い処方・調整がなされているとは言いにくい現状です。

 

「見え方の質」と「生活の質」の向上を高めていく為には、眼鏡作成の工程の中で下記のことがあげられます。

 

「遠近両用レンズの性能を最大限に発揮させる精密に測定された眼鏡度数」(両眼視機能検査)

「遠近両用レンズの性能を最大限に発揮させる精密な調整」(高次な他覚的アイポイント測定と調整手技)

「生活場面・装用環境に即した遠近両用レンズレイアウトの決定」

「必要最小限の掛け外し、より生活場面に即した複数所持の提案(中近両用・近近両用など」

 

これらの技術的要素が満たされることで、限りなく自然な見え心地を御提案できるのです。

高齢者オプトメトリーという考え方


加齢によって生じる視機能の低下はよく知られることです。
静止視力は30歳代から低下をはじめ、70歳~80歳ではピーク時の30%~40%程度まで低下すると言われています。

また、手元を見る際のピント合わせ機能(調節機能)は40歳代前半から低下が自覚でき、手元の見えにくさや近業作業での疲れを自覚する人が増えてきます。

加えて、これらの機能低下だけでなく、目の周りを支える筋肉(外眼筋)の筋力低下に伴い、眼球運動能力の低下が起こり、動体視力・空間認識力に大きな影響を及ぼすことが分かっています。

このように、加齢によって生じる視機能の低下に対し、視覚情報の提供を担うメガネの役割は非常に大きく、一人ひとりに異なる視機能の状態を綿密に測定する事と視覚資源を最大限に再現する眼鏡作成が大変重要だと言えます。

もはや、一般的な量販店や眼鏡店の従来型の視力評価では限界に達した時代へと変化しているのです。

 累進レンズ 

本来であれば 「見え心地の良さ」を実感できるはずの累進レンズが、量販メガネ店の低次な技術レベル・手技不足によって、累進レンズの利点が生かされていない状況が長く続いています。


メーカーレベルにおいては累進レンズの設計が飛躍的に進歩し、上位機種においては個々人の眼の特性をパラメーター化し、それらをレンズに反映させることが可能になっています。

しかしながら、いくらレンズが高性能化されていっても、技術者のレベルが熟練していない限り、全くお粗末なメガネにしかならず、個別設計の利点も全く生かせないままに高額なレンズを使用されているケースを散見します。

 

自動車に例えるなら、ボディ(レンズ・フレーム)がいくら優れていても、エンジン(店の技術)が低い性能であれば意味がありません。
低い性能のエンジン(店の技術)で走り続けていれば、いつか装用する人間は破綻してしまいます。

実際に累進レンズを快適に使えるかどうかは、一般のメガネ店や眼科の検査・技術では不十分なのが現実です。


技量や学識、経験による背景も無く、機械と設備のみの「両眼視機能検査を謳う店」もまた同じことが言えます。

現存する量販的なメガネ店で、個別に応じた累進眼鏡作成はもはや無理なのです。

世界水準の両眼視機能検査×個別設計・遠近両用レンズ

正確なアセスメントによる状態把握は累進レンズでの理想的な見え方を実現します


遠近両用メガネの作成に際し、先ずドイツ式両眼視機能検査or米国21項目検査で両眼視機能の不良による下記のような問題を解決します。
どのようなレンズを使用するにしても、ベースになる度数がしっかり測定されていない限り、使いやすい遠近両用メガネにはなりません。

■頭痛・肩こり
■物を見る作業を続けると疲れやすい
■羞明
■視線移動が困難(スポーツなど)
■近見作業に問題がある(読書・パソコン)
■物を注視しにくい
■落ち着いて物を見れない
■距離や速度を推定しにくい
■時々ものが2重に見える

視機能の測定後、遠近両用レンズの両眼共通視野を最大限に得るため、フレーム装用状態で眼のデータをVisioffice2にて取得し数値化します。


このとき、最大20のパラメータを遠方視と近方視それぞれに数値化すると同時に、基本パラメーターの測定をスピーディーに行い、測定度数とバッテリーしてレンズの選択及び個別設計に反映します。

目的は「ビデオ撮影による眼軸長(眼球の長さ)の測定」「眼球回旋中心測定」「対象物を見るときの眼球運動時の頭部の動きと視線の動きをデータ化する」ことです。

これらは測定データとして物理上得れなかった部分です。

この測定パラメータ-は、遠近両用レンズ使用に際し、より実際的で非常に自然な視野を獲得し、大幅なユレ歪みの低減に繋がります。

快適な遠近両用メガネの生活へシフトしていきましょう

遠近両用は貴方の生活にとって強力なベネフィット(利点)になります


遠近両用の使用は見え方を豊かにし、「生活の質」を上げていく強力なオプションであるべきです。

遠近両用を使用することが全てではありませんが、快適な見え方を実現していくためには、必ずオプションとして提示されるべき物です。

時には遠近両用と室内用(中近両用)を使い分けることも有効です。

これらの強力なオプションを提案するために、当店では必要な検査技術・検査環境・世界最高峰の累進レンズを御用意しています。

「快適な見え方」を知らずに生活することも出来ますが、知ることによって得られるベネフィット(利点)は大きいです。

貴方の眼にとって「使えていない資源」「現在の眼鏡の影響で使いにくい資源」を「使える資源」にすることは、生活をより豊かに富んだものにしていく筈です。


 

ジョイビジョン奈良 opt Matsumoto

Completion, Marshall B. Ketchum University-TOC Executive Certificate Program(米国ケッチャム大学・TOC上級プログラム修了)

奈良県 橿原市 常盤町 495-1

(中和幹線道路沿いGUさん隣)

【駐車場】4台

各種クレジットカード・PayPay決済可能

【予約制】
 
当店は完全予約制となっております。
奈良県内はもちろん、県外や海外からも多数お客様がご予約にてご来店されますので、メガネ作成のご来店の際はご予約をお願いします。
 
※当店のお客様から御紹介の方はその旨お申し出くださると幸いです。
★ 水曜日定休(夏季・冬季休暇有り)
★ 営業時間/9:30~19:00

Tel:0744-35-4776

御予約(下記クリックでメーラーが立ち上がります)

nsa41432@nifty.com

※2営業日以内に当店からの返信が無い場合、メール受信ができていない可能性がございます。

その際にはお電話にて御連絡いただければ幸いです。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

@2016 by JOY VISION NARA Opt Matsumoto

メガネ| 奈良県 | ジョイビジョン奈良/OPT MATSUMOTO/橿原市メガネ