よくいただくご質問/価格帯などの周辺的な情報は此方に記載しております。

当店のスタンス

完全予約制というは、眼鏡が合わず見え方でお困りの方のために、その方だけの改善方策のために時間を確保しております。

御来店前・御予約前の初期不安に対して、前以ってお伝えできる周辺情報はHPに掲載しておりますので、御確認の上で御予約頂けますと幸いに存じます。

当店はよくあるメガネチェーン店や普通のメガネ店と考え方が異なります。

例えば、メガネを買って頂くための過剰なサービスや無料調整等は行っておりませんし、売上の為なら・・・と、フレームだけを販売したり既製品を販売したり、ピッタリくっついて接客するなども行っておりません。

そのかわり、見え方に困り感を抱えた方に、様々に絡み合った困り感の軽減・消失に技術と知識を傾注しております。

また、常にお客様の「困り感」を解決できるかを最優先し、全知識を傾注しますので、いわゆる営業的なお愛想はできません。

 

当店が提供させて頂くものが、必要な方にとって「最良の物」になる為の努力を惜しまない事と、困り感の解決が見えた段階での「ファッション」としてのメガネ選び、更にその先にある見え方の質向上による生活の中での「喜び」「ワクワク」「驚き」を感じて頂きたいと思っております。

①困り感の解決を第一に考えていますが、技術者と対象者様と双方の努力と協力が必要です。

②当方で解決できない状態像はハッキリとお伝えしております。

③必ず、ご自身の意思で予約,ご来店ください。

④検査は御客様との信頼関係構築が重要です。言葉遣いが悪く横暴な方、興味本位での検査は御断りしております。

⑤当店で検査を求められる方の時間を確保したいので、原則的に眼科処方箋での作成は承っておりません。

 FAQ 

予約しなければいけませんか?

当店を御利用頂くお客様は「完全予約制」とさせて頂いております。(お買い上げ頂いたメガネの歪み直しなどの調整は除く)
 

当店では、眼鏡作成に必要な検査も多岐にわたり、お一人にかかる時間や検査も、重層的で多層的になります。

また、県外や海外から宿泊されてお越しになられる御客様や、県内でも何週間も何ヶ月も前からご予約を頂いているお客様もおられます。

事前にご予約頂いている多くの方は、それぞれの「悩み」や「困り感」を抱えておられ、この「悩み」や「困り感」を解決できるかどうかという「不安」や「期待」を抱かれて御来店される方が殆どですので、その主訴に対して,そのお客様のためだけに集中して全力で対応したいと思っております。

その状況下で、ご予約が無き方がお越しになられた場合、先約の方にご迷惑をお掛けする事となり、先約最優先の公平性を欠いてしまいます。

 

従いまして、誠に手前勝手ではありますが、当店を新規で御利用頂く場合は予約をして頂けますと幸いに存じます。

※商品閲覧のみの御来店はご遠慮ください。

メガネ一式の価格はどのくらい?

当店の最低価格は一式で4万円~6万円程度(単焦点)

遠近両用は最低6万円からになりまして、平均の最多販売価格帯は7~8万円となっております。

お子さんの眼鏡は3万円~5万円です。

眼鏡は半製品であり、物と技術者の知識や技術が統合されて初めて眼鏡になります。

上記は製品として信頼し得るフレームとレンズを選択された場合の価格帯で、それらを最大限に活かせる知識と技術を完成品に反映させていただきます。

眼科の処方箋でも作れますか?

当店では御新規で眼科処方箋での作成は原則的には承っておりません。(より良い見え方をご提供するため)

眼科の処方箋は、見え方の大部分が眼科で測定された度数に依存されるため、当店の検査で眼科処方箋より良い見え方がご提案できるケースでも、処方箋に従う限りそれ以上にもならないし以下にもなりません。

当店では、一般的な眼科やメガネ店での測定で合わずに困っている方や、当店での両眼視機能の精密な測定を望まれる方が圧倒的多数であるため、当店での検査・測定を前提としてメガネをお作りさせていただいております。

眼科処方箋でメガネを作成するメリットは、小児弱視の場合は38641円まで補助が受けれること、器質性疾患(目の病気)の有無が確認できる事、幼児の場合は調節麻痺点眼後に検査ができること。以上3点です。

下記のケースは是非承らせて頂ければ幸いです

※当店お客様からのご紹介

※一般のメガネ店での作成が難しいケース(小児の先天性白内障による無水晶体眼・眼内レンズ挿入眼・部分調節性内斜視・調節性内斜視軽減の遠近両用レンズ・プリズム処方など)

※本当は当店で測定したいが、8歳11か月までは弱視治療による補助金を利用したい場合、補助の無くなる9歳以降で当店の検査にスムーズに移行するために御利用頂くのは承っております。

「最新式の測定機器があるから良い眼鏡が作れるんですか?」というご質問

仮に測定機器の性能だけで、個々人にピッタリ合う眼鏡が作れるのであれば、単純に良い機器さえあれば世界中の眼に悩む人は一人もいなくなるでしょう。

機器や検査環境などの「周辺的」な構造化は必要ですが、最も重要なのはオプトメトリーの知識・習熟度・経験にあります。

これらの熟達は一朝一夕に身に付けることはできません。

極端な話をすると、現状ある当店の測定関連機器は最新のものもあれば、何十年も前からある機器を愛用していたりもします。

そして、これらが突然使えなくなった場合、時間はかかって不便ではありますが、同じスキルが発揮できないということは全くありません。

より良い測定機器は一定以上のスキルを持つテスターに対して「時短」と「詳細情報」いうメリットを与え、得られた大量の情報を統合し、対象者に対して掘り下げて検査したい部分に割くことができます。

測定機器に関してはそれ以上でもそれ以下でもありません。

視力回復訓練をしてますか?

エビデンスの無い非科学的な行為は行っておりません。

プリズム眼鏡・プリズムレンズについての注意

時折、テレビ番組等で取り上げられ、その都度、プリズム眼鏡・プリズムメガネといったワードが話題になります。

番組内では「隠れ斜視・斜位などにプリズム眼鏡が有効」といった、情報的には非常に断片的で全体像を端折った内容が放送されています。

 

また、それと同時に、話題に乗る形で「プリズム眼鏡扱っています」「プリズムメガネ作れます」等との詳細が不明瞭な宣伝をするメガネ店が散見されます。

基本的に、両眼視機能のアセスメントにおいて、アウトプットとしてプリズム補正が有効なケースはもちろんありますが、それが全てではありません。

「斜位=プリズム補正」は大きな間違いで、補正に際してはその人が持っている斜位量に対して、それを補う力がどの程度あるかによって判断されます。

そのアウトプットは近視か遠視によっても変わりますし、調節力によっても変わります。

また、遠方視時と近方視時の斜位量の変化、それらを補う力の程度を精密に調べた上でアウトプットが決まります。

 

当店の検査方法においても、プリズム補正を使用する頻度は高いですが、有効であるひとつのアウトプットにしかすぎません。

加えて、対象者様の現状態に対してプリズム補正を行うことにメリットが無い場合に関しては、それらを考慮した処方指針を立てていきます。

数ある手段の中のひとつである「プリズム補正」に対し、眼鏡を作る目的が「プリズム補正」になるのは大変危険です。

補正に関しては、科学的・理論的である必要性があり、様々なテストバッテリーによって導かれるものです。

所要時間はどのくらいですか?

新規の御利用の場合、検査・フレーム.レンズ選定・調整含めて通常2時間程度となります。

重い状態像の場合はもう少し時間が掛かる場合があります。

再検査・再作の場合は1時間~1時間半程度です

 

メガネの型直し・歪み直し・ネジ調整等の場合、簡単なものなら5分程度、大きく歪みがある場合でも10分程度です。

検査だけでも受けられますか?

当方は医療機関ではありませんので、メガネをお作りになられる前提において各種検査をさせていただきます。

検査単体では、お受けすることはできませんので御了承ください。

尚、もし、検査結果においてメガネでは対応しにくい場合やご購入とならない場合は、相談料として10,800円をいただいておりますが、メガネをお作りいただく場合は、テスト料金は不要です。

また、測定した度数データをお渡しすることはできませんので予め御了承ください。

 

『きっちり検査』というお店や、最近になって急に『両眼視機能検査』をしているというところもありますが、どう違うの?

それらのお店に「どのような技術や知識」を用い、「どのようにキッチリ合わせるか」を明記しているお店はありましたか?


例えば、「しっかり検査して、楽に見えるように合わせます」ということは誰でも書けますが、それが「何を?」「どのように?」「どのような手法で?」となりますと、殆どの量販店は「視力基準」での強弱を指して回答すると思います。

また、根本的な検査環境が1m前後の省スペース検眼だと、「キッチリ検査」とは程遠い環境ですので、キッチリと検査することは不可能だと明言できます。

眼の機能が快適に機能している状態とは、屈折・調節・輻輳/開散・両眼視機能、そして視覚機能を熟慮した検査が必要です。
そして、眼だけではなく、認知、体への出力を考えたアセスメントが重要です。

また、両眼視機能検査については、今までの方針で立ち行かなくなったメガネ店が、急に両眼視うんぬんを喧伝しだすのが最近のブームらしいです。

しかし、今までやったことのない検査を昔から行っているかのように宣伝することはできても、それらの信頼性や精密性は全く担保できないと思われます。

そのような所には『いつからそのような検査を始めたのか』『どのように学んだのか』『臨床経験がどの程度あるのか』を聞いてみても良いかもしれません。

メガネ作成及び検査で最も重要なのは、検査から得られる様々な情報を統合して、どのようにその方の困り感を解決するかを御提案できるかという知識と技術と経験の統合力が必要です。


当店はこれらの検査を15年以上前から行っているだけではなく、米国.マーシャル.B.ケッチャム.オプトメトリーカレッジ修了をはじめとする様々な体系的学習を積み、特殊な事例を含む臨床経験も非常に豊富です(8000例以上/2018年現在)


『おでん始めました』が如く、突然に両眼視うんぬんを喧伝する店とは全く別であると明言致します。

持っているフレームを使ってレンズ交換できますか?

原則的にはお断りしています(当店購入枠は除く)

 

眼鏡は半製品であると考えております。

より良い度数をより良いレンズで再現し、それをインストールするフレームはお顔にピッタリ調整できる機能を持ち、そして堅牢でなければならないと考えております。

良いメガネを作るには一つの店で完了させることが重要です。

ただ、矛盾するような事を書きますが、愛着のあるフレーム、思い出の詰まったフレーム、大切な人の形見のフレーム等は、それらを安心して使用できるようにするも技術者としての使命だと考えております。

そのような背景がある場合は、御希望に添えるよう努力致します。

相談だけできますか?

御購入の意思が無い御相談は承っておりません。

価格帯・所要時間・検査内容等の周辺的な情報は当HPを御覧頂ければ記載しておりますので御確認ください。

また、検査を行っていない状況、当事者がおられない状況で「見えにくいのを何とかできますか?」といった御質問に対しては、検査を行っていない状況で端的なYES・NOでの返答は基本的には出来ませんので御了承ください。

お店からのお願い

 

予約状況が混み合う日が多くなっております。

このような状況で当日のキャンセル待ちをして下さる御客様もおられます。

その際、ごくごく稀に無連絡で御来店されない方がおられますが、そのような場合はキャンセル待ちの方に大変ご迷惑がかかりますので、以後の御予約をお断りさせて頂く場合がございます。

キャンセルの場合、少なくとも前日までに御連絡頂くか、当日に急用でお越しいただけ無くなる場合も、御連絡だけ頂ければ幸いです。

ジョイビジョン奈良 opt Matsumoto

Completion, Marshall B. Ketchum University-TOC Executive Certificate Program(米国ケッチャム大学・TOC上級プログラム修了)

奈良県 橿原市 常盤町 495-1

(中和幹線道路沿いGUさん隣)

【駐車場】4台

各種クレジットカード・PayPay決済可能

【予約制】
 
当店は完全予約制となっております。
奈良県内はもちろん、県外や海外からも多数お客様がご予約にてご来店されますので、メガネ作成のご来店の際はご予約をお願いします。
 
※当店のお客様から御紹介の方はその旨お申し出くださると幸いです。
★ 水曜日定休(夏季・冬季休暇有り)
★ 営業時間/9:30~19:00

Tel:0744-35-4776

御予約(下記クリックでメーラーが立ち上がります)

nsa41432@nifty.com

※2営業日以内に当店からの返信が無い場合、メール受信ができていない可能性がございます。

その際にはお電話にて御連絡いただければ幸いです。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

@2016 by JOY VISION NARA Opt Matsumoto

メガネ| 奈良県 | ジョイビジョン奈良/OPT MATSUMOTO/橿原市メガネ